生命保険

生命保険

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

保険の理解は保険の分類から

「保険=生命保険」をイメージされる方も多いと思いますが、実際には非常に幅広いものです。

保険の解釈を、大まかでも良いので正しく整理することが、みなさんが保険を検討する上での基礎となりますので、まずは、保険について整理したいと思います。

一番忘れがちだけど大事な分類が…

「公営保険」と「民営保険」です。

公営保険
要するに、国民健康保険、国民年金、社会保険、厚生年金、雇用保険…といった類のものです。
当たり前すぎて忘れがちですが、民間保険を考える場合に、この保険を念頭に置くことが、無駄をなくす第一歩になります。
民営保険
いわゆる「保険会社」が販売する保険のことで、公営保険ではカバーしきれない部分を補うものと考えていただければと思います。

民営保険の分類と各々の保険の種類

一般的に「保険」というと、この部分からをイメージされると思います。

少し専門的になりますが、保険は、

  • 人の生死に関して保険金が支払われる「第1分野保険」(生命保険)
  • 事故による損害について保険金が支払われる「第2分野保険」(損害保険)
  • 上記の中間に位置する「第3分野保険」(医療保険など)

と、3つの分野に分類されます。

この分類の定義と、分類ごとにどんな保険が属しているかをまとめると、以下のようになります。

分野意味属する保険取扱い会社
第1分野人の生死に関して保険金が支払われる定期保険、終身保険、個人年金、養老保険など生命保険会社
第2分野事故による損害について保険金が支払われる自動車保険、火災保険、賠償責任保険など損害保険会社
第3分野第1分野、第2分野の中間(もしくは例外)医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険、所得補償保険など生保・損保両方

この中での、第1分野保険が、いわゆる「生命保険」になります。

生命保険の3つの仕組み

さらに細かく分けていきましょう。

生命保険は、その仕組みから、定期保険養老保険終身保険の3つに分けて考えられます。それぞれの大まかな特徴は以下のとおり。

特徴×
定期保険一定期間を保障するもの終身、養老に比べて保険料が安い解約払戻金が少ない
満期時の解約払戻金は「0」
保険料は契約時の年齢が高いほど高額
養老保険一定期間を保障するもので無事期間終了した場合に満期金を受け取れる死亡時のほかに、無事満期の場合も同額の保険金が受け取れる保険料が一番高額
終身保険一生涯を通じて保障が継続される(支払期間は任意)一生涯保障
保険料が一定
保険料の支払期間を決めると、一定期間後の解約返戻金が支払額と同等になる
保険料が高額

それぞれ一長一短がありますので、目的にあわせてこれらを選択したり組み合わせたりしながら、適切な保険を検討していくことになります。

例えば、結婚・出産・子育て期だけに限定して、死亡保障を高額に設定したい場合には、定期保険を短期間で、と、いった具合です。

多様化する保険「逓減定期」「収入保障」など

生命保険での死亡保障を考える場合、例えば、30代で死亡した場合と、50代で死亡した場合とでは、その後の遺族の必要生活費総額は変わります。一般的には、50代で死亡した方が低くて済みますが、この考え方を保障額へ取り入れた保険を逓減定期保険といいます。

定期保険は保険料が安いことが最大のメリットですが、掛け捨てという点がデメリットです。このメリットを格段に強化する(保険料の大幅削減)ことができ、そのために掛け捨てというデメリットをも緩和できるのが、この逓減定期保険で、最近特に注目を集めています。
さらには、保険金の受取を、一括ではなく、以降、毎月決められた額を受け取る収入保障保険など、同じ生命保険でも、各社、様々なもの打ち出していますので、これらを比較・検討することが、より良い保険を選ぶ大事なポイントになります。

PAGE TOP ↑