どういう場面で保障が必要?

どういう場面で保障が必要?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

代表的なリスクを参考に

「死亡リスク」、「医療リスク」、「生存リスク」という考え方があります。

「死亡リスク」とは、世帯主に万一の時、遺族の生活費が減少してしまうリスクです。

「医療リスク」とは、ケガをしたり病気になった場合に、医療費を支払わなければならない、もしくは、収入減のリスクです。

「生存リスク」とは、間単に言うと、「長生きした場合」のリスクです。長生きできるということは良いことですが、老後の生活費は増加します。また、高齢になると医療費が増加したり、介護費用が必要になる場合もあります。

これらをまんべんなく考えて、みなさん一人一人の「ここぞ」のタイミングを保険でカバーするという考え方が良いと思います。

特に生存リスクを見落とされている方は多くいらっしゃいます。「長生き=ハッピー」だから、それでいいじゃないか?と返されれば、あえてそれ以上は申せませんが、実際はそうとばかりもいえません…「万一の場合は大丈夫だけど、生きていたら不安」なんてことにならないよう、健康面や貯蓄などとあわせて、頭の端にでも引っ掛けておいていただくだけでも良いかと思います。

PAGE TOP ↑