癌(がん)

癌(がん)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

がん保険か?特約か?

がん保険とは医療保険と同じ分野の保険で医療保険ではカバーしない、「がん」による手術や入院、またがん治療に関わる通院のみを保障する保険です。

特徴としては、がんと診断された場合に給付される診断一時金や入院給付金の支払い限度日数に制限がないことなどがあげられます。

研究機関や現場での努力で、昨今では、がんは早期発見できれば治らない病気ではないとまでいわれるほどになりました。しかし、治療費は依然として高額で、年間の自己負担額が100万円を超えることも少なくありません。

こうした費用負担を少しでも緩和するため保険ですが、人によって必要性の度合いが異なりますので、主契約として加入される方、特約として加入される方、はたまた、加入されない方と、加入形態はそれぞれです。

さらに、最近では、先進医療に対する保障もあります。これは、特にがんなどの致死性の高い病気の場合は、その緊急性から、最先端の治療技術をいち早く取り入れられることも多いため、保険制度が追いつかないケースがほとんどで、当然、治療費負担も格段に高くなります。このような治療に対応するのが、この先進医療保障です。

生保系?損保系?

がん保険は医療保険と同じく第3分野保険に分類されますので、その他大きな特徴として、生命保険会社でも損害保険会社でも扱えることがあげられます。

例えば損保系のがん保険には、ユニークな保障体系をもつものがあったりしますので、固定概念にとらわれない幅広い検討をお勧めします。

PAGE TOP ↑