出産

出産

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

誰もが保険を考えるときです

「子どものためなら、どんなことでも…」と考えるのが親心。表現は悪いですが、「たとえ自分が死んでも…」ということの表れとも言えますね。実際、出産を機に保険を検討された方は数多くいらっしゃいます。

保障期間は「子どもの独立まで」が多数派

一般的に、お子さんが生まれた場合の、保険の目的は2つです。

  • 配偶者の生活費
  • 子どもの生活費

配偶者は大人ですので、基本的に一人でも、働いて生活費をつくることは可能ですが、お子さんがまだ小さいうち(独立するまで)は、働くこと自体が困難です。
このことから、配偶者が自由に動けるようになる「子どもの独立」までを保障期間に設定される方々が多くなります。

保障は様々

保障の内容は人それぞれです。例えば死亡保障なら、配偶者に対する保障を、老齢年金の支給開始までと考えるとか、子どもの養育費や教育費に必要な保障は大学を卒業する年齢までなど。さらには、定期にするのか、終身を考えるかなどなど、万が一に備えることはもちろんのこと、子どもにかかるすべての教育費の算出方法いかんによって学資保険の割合をどうするか、はたまた子ども用に医療保険を……と、考え出したらキリがありません。
こういった、みなさまの思いを整理し、適切な取捨選択のお手伝いをしております。

PAGE TOP ↑