住宅購入

住宅購入

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

家計の見直しがメインになります

マイホームを購入するということは、住宅ローンで長期間、一定額の出費が続くこと。家計の見直しの必要性を感じる方が多いでしょう。それには保険を見直すことが効果的です。

死亡保障は心配ない場合がほとんど

世帯主の万一を考えて、死亡保障は増やしたほうが…と不安に思うかもしれませんが、ほとんどの場合、住宅ローンを契約するときに「団体信用生命保険」(だんしん)に加入されています。これは契約者がローン返済中に死亡または高度障害になった場合、団体信用生命保険の保険会社が残りの債務を肩代わりするものです。

要するに万一の場合は住宅ローンがなくなりますから、この点での死亡保障見直しの必要性は低いといえます。

見直しのメインは医療保障

反対に「医療保障」に少し力を入れる方が多く見受けられます。これは世帯主が病気やケガで長期入院をすれば収入が減って、住宅ローンの返済計画にも影響する可能性があるからです。場合によっては「入院の給付金の日額が1万円」といった保障の手厚い医療保障なども検討されます。

また、長期的に仕事ができなくなった場合、一定期間の収入減をカバーする「収入保障」などの保険もありますから、入院による収入減が心配な方はこうした保障も検討される方が多くいらっしゃいます。

PAGE TOP ↑