離婚

離婚

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr
 

離婚に関しては、それぞれ置かれた境遇によって考え方の方向が変わってきますので、なるべくならば、ご自身で解決しようとはせず、中立な立場の第3者へご相談することをお勧めします。

奥さん・子どもと離別、養育費支払ありの男性の場合

方向性としては以下のとおり

  • 家族がいなくなったため、高額な保障低くても問題ない
  • 万一のことがあった場合でも、子供の養育費は支払いたい
  • 病気・ケガによる入院に対する収入保障はしっかりとしておきたい

これらを軸にした見直しをしていきます

残念ながら女性の方が大変な場合が多いのです

例えば、上記のパターンの奥さんの場合です。ちょっと考えただけでも、環境ががらっと変化するのは容易にうかがえます。さらに公的保障も変わる可能性があり、保険の見直しは避けられません。

どうしても感情が先行しがちな時期ですので、やはり第3者へご相談することをお勧めします。

PAGE TOP ↑